昨年の夏に国内旅行(北海道)でバニラエアを利用した体験

大手航空会社との違い

格安航空会社を利用して旅行したのはこの時が初めてでしたが、基本的に大手航空会社でネット予約をして搭乗する手順と全く同じ方法でした。
機内に入って自分の座席を探して座りましたが、大手航空会社と比べると前後の幅が狭いように感じました。
膝が前のシートの背中部分に少し触れるぐらいで、何年も前に安い料金で高速ツアーバスを利用した時を思い出しました。
それでも飛行機は4列シートのバスよりもシートの横幅が広いので、足元が狭いことを我慢すればそれなりに快適に感じられました。
国内線であればすぐに目的地に到着するので狭くても構いませんが、長時間の国際線であれば疲れるかもしれません。
飛行中は飲み物の無料サービスがなく、全て有料でした。
私は何も注文しませんでしたが、クリームパンとコーヒーのセットを注文する人がいました。
大手航空会社は飲み物のサービスが無料で付いていますが、小さなコップ1杯程度の飲み物であれば不要だと思っています。
短時間の国内線であればドリンクサービスがなくても構わないので、運賃を安くしてくれた方が助かります。
成田空港を離陸してから順調に飛行を続けて函館に近づいた頃に、お尻が痛くなってきました。
この理由は、シートのクッションが硬めだったからです。
私の体型は痩せ型なので、硬い椅子に長時間座り続けるとお尻の骨が当たって痛くなることがあります。
シートに着席した直後はあまり気になりませんでしたが、1時間ほど座り続けていたらシートが硬いので疲れました。

ひとりで国内旅行大手航空会社との違い利用する価値あり